町田市社会福祉協議会 ここなび

現在位置:町田市社会福祉協議会トップ > ここなび(トップ) > バックナンバー > 今月の特集(言葉) > ここ

2017年06月

キープクリーン、キープヤング

私の父がよく口にしていた言葉です。そして、私の座右(ざゆう)の銘(めい)でもあります。

キープクリーン・・・いつも身の回りをきれいに

きれい好きな父は、いつも髪(かみ)を短く整え、衣類は自分でアイロンをピシっとかけていました。靴(くつ)も自分で磨(みが)いてピカピカです。
 「おしゃれな人は身につけるものを大切にする」という言葉を耳にしたことがありますが、父はまさにそうです。

そういう生き方をしていると、人にきちんとした印象(※注1)をもってもらえるようです。

「いくらお化粧(けしょう)をしたり、おしゃれをしたりしても、自分の部屋が汚ければ何の意味もない。」とよく父は口にしていました。

頭の中が悩(なや)みでぐるぐるしていたり、心がもやもやしていると、途端(とたん)に部屋が乱雑になることがあります。

身の回りからきれいにすることで、頭の中や心の中も整えられると
きっと、父は私に伝えたかったのかもしれません。

キープヤング・・・いつも元気に若々しく

若々しいとはどういうことでしょう。
きっと、名前を呼ばれたら、間髪(かんぱつ)いれず(※注2)、はいと返事が出来る人。動きがきびきびしていて、目はいきいきしているのではないでしょうか。

いくら年が若くても、のそのそ歩いたり、聞こえないふりをして返事もしない人もいるので、年はあまり関係ないのかもしれませんね。

私はくよくよ悩んでいるときは、つい、声が小さくなったり、うつむいたり、肩(かた)を落としたりと、元気がない態度が自然に出てしまうことがあります。そのことに気づくと、すぐに、元気な声を出すこと、きびきびと動くこと、相手の目を見て話すことを心掛(が)けます。
 なぜなら、そうすることで心のほうもついてきて、元気になることがあるからです。

キープクリーン、キープヤング これからも、心掛けたいと思います。

※注1: 強く感じて心に残ったもの。

※注2: 少しの時間も置かないさま。