町田市社会福祉協議会 ここなび

現在位置:町田市社会福祉協議会トップ > ここなび(トップ) > バックナンバー > 今月の特集(一冊) > ここ

2017年09月

宇宙に興味のあるあなたに読んでほしい!

「人類が生まれるための12の偶然(ぐうぜん)」
     著者:眞(しん) 淳平(じゅんぺい) 監督:松井 孝典  岩波ジュニア新書

あなたは信じられますか?
この広大な宇宙が生まれる瞬間(しゅんかん)、10-44 秒後の宇宙の大きさが10-34 cm であったことを。10-44 秒後とは1000兆×1000兆×100兆分の1秒後で、10-34 cm とは1000兆×1000兆×1万分の1cmです。そして、10-34 秒後に1cmになるのです(1034倍)。
このことがこの本の最初のページに書かれています。

私はこの本を大人になって読みました。この本を読むきっかけになったのは、私が子供の時もっていた疑問からです。「宇宙はいつできて、未来は、どうなるのか」、「人間はどのように現在のようになったのか」という素朴(そぼく)な疑問です。
しかし、私が子供のときには答えがなかったのですが、この本はみごとに分かりやすく答えてくれました。しかも、宇宙は「無」から偶然(ぐうぜん)、誕生して約137億年たち、それから地球が約47億年前にできたのも偶然で、更に、生物が出現し、約700万年前に、「ヒト」として進化したのも偶然の賜物(たまもの)だったのです。
このような信じられない偶然が12もあったのです。

この本を、

この本を読んでもまだまだ分からないことがたくさんあります。すぐ答えがわからなくても、疑問や興味を持ちながら歩んでいくことが大切です。多分、中学生から高校生ならほぼ理解できると思います。小学生は難しいところを飛ばして読んでも面白いです。中高生になったらもう一度読むとよいでしょう。大人の私にとっても楽しい本でした。