あいちゃんのイラスト
shakyo-logo
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

 

社会福祉協議会の基本理念と基本目標

 社協の運営原則は、地域住民、社会福祉関係者等の参加・協力を得て活動することを大きな特徴とし、民間非営利組織としての「自主性」、様々な分野の関係者、地域住民に支えられた「公共性」という二つの側面を併せもった組織です。社協は、障がい者、高齢者、子どもたちなど、地域の人びとが暮らしやすい「福祉のまちづくり」をすすめるため、調査やサービスの企画、実施を行うとともに、住民の「福祉のまちづくり」への参加を支援する役割を担っている社会福祉法人です。

基本理念  ”誰もが安心して、しあわせにくらせるまちづくり”

住民のみなさんとともに、町田市社協は3つの目標に向かって、具体的に計画を進めていきたいと考えます。

基本目標

1 みんなで学び合い、話し合えるまち ~地域福祉を担う人づくり~
 一人ひとりが地域の一員として、地域の課題を共有し、解決に向けて協力して取り組んでいけるよう、福祉に対して関心を持ち、理解を深めるための支援をします。
 福祉や地域への理解や学習の場、情報の提供や話し合いの場づくり等を充実することにより人材の育成・定着支援を図り、一人ひとりがよりよいまちづくりを推進するために学び合い、話し合えるまちを目指します。
2 みんなで支え合い、創っていくまち ~ささえあいのある地域づくり~
 ふれあいサロンなどの誰もが気軽に集える居場所づくりや、地域特性により異なる課題や生活支援ニーズを把 握し解決するために、住民による小地域福祉活動の立ち上げ・運営などを支援します。
 また、地域での見守りや日常生活支援、健康づくりなど、地域のみんなで支え合い、助け合いながら、よりよいまちづくりに向けた住民による地域福祉活動を支援します。
3 みんなが自分らしく暮らせるまち ~地域福祉を拡げる基盤づくり~
 福祉サービスに関する相談支援・情報提供を充実させ、支援を必要としている人が適切に福祉サービスを受けられるように努めます。
 また、福祉サービス利用者の人権をまもり、適切なサービスの利用を保障するための取り組みとともに、福祉環境の整備、先駆的事例の検討などに取り組み、みんなが自分らしく暮らせるまちを目指します。