あいちゃんのイラスト
shakyo-logo
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

mark1交通アクセス

社会福祉協議会の基本理念と基本目標

 社協の運営原則は、地域住民、社会福祉関係者等の参加・協力を得て活動することを大きな特徴とし、民間非営利組織としての「自主性」、様々な分野の関係者、地域住民に支えられた「公共性」という二つの側面を併せもった組織です。社協は、障がい者、高齢者、子どもたちなど、地域の人びとが暮らしやすい「福祉のまちづくり」をすすめるため、調査やサービスの企画、実施を行うとともに、住民の「福祉のまちづくり」への参加を支援する役割を担っている社会福祉法人です。

基本理念  ”誰もが安心して、しあわせにくらせるまちづくり”

住民のみなさんとともに、町田市社協は3つの目標に向かって、具体的に計画を進めていきたいと考えます。

基本目標

1 みんなで学び合い、話し合えるまち
 福祉に関する理解や学習の場、情報の提供や話し合いの場づくり等を充実することにより、新たな気づきや発見、自分達の地域への関心を高め、まちづくりを進めるために一人ひとりが学び、話し合えるまちを目指します。
2 みんなで協力し、創っていくまち
 地域福祉活動をより一層進めるために、「地区社会福祉協議会」の設置に向けた取り組みを進めます。
 そのために必要となる調査研究や相談窓口の充実などによる課題の発見、担い手となる人材の発掘やボランティアの育成、研修や参加の場等の充実に向けた取り組みを通し、みんなで協力し、創っていくまちを目指します。
3 みんなで支え合い、安心のあるまち
 福祉サービス利用者の人権を護り、適切なサービスの利用を保障する為の取り組みと共に、福祉環境の整備、先駆的事業の検討、地域住民による相互扶助の推進、防災活動 等に取り組み、みんなで支え合い、安心のあるまちを目指します。