あいちゃんのイラスト
社会福祉法人 町田市社会福祉協議会
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

2019年度助成金情報

23件

23
事業名地域福祉チャレンジ活動助成
助成団体公益財団法人 日本生命財団
募集対象団体助成テーマにチャレンジする意欲があり、かつ他の団体等と協働で活動する活動実績のある団体
法人格の有無は問わない
詳しくはHP参照
助成期間2020年10月より2年間
助成金額最大400万
応募締切2020年5月31日(日)(当日消印有効)
HPの有無
22
事業名令和元年度下期 障害児・者に対する自立支援活動への助成募集
助成団体公益財団法人 洲崎福祉財団
受付期間令和2年1月1日から令和2年2月29日(消印)
応募地域関東1都6県(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)
対象事業・障害児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動
・障害児・者に対する自助・自立の支援事業
・助成決定以降、令和2年6月1日から事業を開始し、令和2年11月30日(半年以内)までに完了する事業
詳しくはHP参照
HPの有無
21
事業名ボランティア・市民活動支援総合基金「ゆめ応援ファンド助成」
助成団体東京ボランティア・市民活動センター
受付期間2019年12月13日から2020年1月31日(消印)
応募資格ボランティア・市民活動団体、またはそれらを推進している民間非営利団体(事業内容に制限あり)
一般社団法人の場合は非営利徹底型のみ対象
主たる活動エリアが東京都内であること
詳しくは、HP参照
HPの有無
20
事業名令和元年度 継続助成の募集
助成団体公益財団法人 洲崎福祉財団
受付期間令和元年11月20日から令和2年1月18日(消印)
事業テーマA:既存福祉サービスの強化
B:新規福祉サービスの創造
助成内容中長期的視点において、より多くの障害児・者のQOL向上に寄与する事業への助成
HPの有無
19
事業名2019年度社会福祉事業「NPO基盤強化資金助成 認定NPO法人取得資金助成」
助成団体公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団助成
応募期間2019年9月2日(月)~10月11日(金) 17時
助成内容「認定NPO法人」の取得に関する費用であれば、使途は問いません。
※会合費、人件費、器材費その他一切使途は問いません。
ただし、原則として2021年3月末までに所轄庁(都道府県・政令指定都市)に、「認定」の申請を行うことが必要です。
※所轄庁受付日が、2019年4月1日~2021年3月31日のものが対象です。
HPの有無
18
事業名2019年度 スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム
助成団体公益財団法人 住友生命健康財団
応募期間2019年9月4日(水)~10月4日(金) 必着
助成対象
プロジェクト
助成の対象となるプロジェクトは次の2課題です。
【一般課題】地域の中で一人ひとりの健やかな暮らしの実現につながる独自性のあるコミュニティスポーツの実践
【特定課題】心身の障がいや長期療養などにより社会参加に困難を抱える人々を中心としたコミュニティスポーツの実践
HPの有無
17
事業名令和2年度福祉助成金募集
助成団体公益財団法人 ヤマト福祉財団
応募期間2019年10月1日(火)~2019年11月30日(土)(当日消印有効)
助成内容Ⅰ.障がい者給料増額支援助成金
1.ジャンプアップ助成金
すでに障がい者の給料増額に一定の実績がある施設・事業所に対し、さらに多くの
給料を支払うための事業資金として定額500万円を助成
2.ステップアップ助成金
障がい者の給料増額に努力し、全国平均以上の給料支給実績がある施設・事業所に
対し、さらに多くの給料を支払うための事業資金として上限200万円を助成
Ⅱ.障がい者福祉助成金
会議・講演会・研修・出版・啓発・調査・研究・スポーツ・文化の事業等に助成
HPの有無
16
事業名令和元年度 社会福祉助成金の募集
助成団体公益財団法人 出光文化福祉財団
申込締切日2019年10月31日(木)
助成対象東京都内の社会福祉施設(障がい者福祉施設、児童養護施設)が行う、床暖房設置、省エネ、環境対応等の施設改造に対する助成(老人福祉施設、幼稚園、保育所は対象としません)
助成内容(1)一件あたりの上限額100万円
(2)総額 1,000万円
(3)助成期間原則として単年度事業を対象とします
HPの有無
15
事業名2019年度 元気シニア応援団体に対する助成活動
助成団体一般社団法人 生命保険協会
応募締切日2019年8月16日(金)当日消印有効
概要この活動は、地域社会において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動に取り組んでいる民間非営利の団体等に対し、資金の助成を行うことで、高齢者が健やかで心豊かに生活できる地域社会の環境整備に寄与し、地域福祉の一層の推進を図るものです。
助成金額1団体あたり上限12万円(助成総額最大500万円)
対象助成対象団体が行い、次の要件を満たす活動とします。
①高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等を行う活動
②構成員だけでなく、地域の高齢者等の参加が可能な活動
③日本国内で行う活動
※なお、申請いただく活動は、従来から継続している活動(継続活動)、従来から継続している活動を 発展させて行う活動(発展活動)、新たに開始する活動(新規活動)のいずれでも構いません。
HPの有無
14
事業名令和元年度上期 障害児・者に対する自立支援活動への助成募集
団体名公益財団法人 洲崎福祉財団
締め切り2019年8月31日(土)(当日消印有効)
対象事業・障害児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動。
・障害児・者に対する自助・自立の支援事業。
・助成決定以降、令和元年12月1日から事業を開始し、
   令和2年5月31日 (半年以内)までに完了する事業
対象者・申請者は、非営利法人で3年以上の活動実績があるもの。個人営利は除く。
   但し、法人格がない場合でも当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の継続的
   な実績と、これを証明する資料があり、且つ今後2年以内に法人化にする予定がある
   団体は対象。
・活動拠点(申請事業の実施場所)が関東1都6県にあるもの。
・難病患者及びその家族を支援している団体(患者会等)
支援金額半期1000万円予定
1件あたりの上限額200万円(下限額は10万円)
HPの有無
13
事業名2019年度 社会福祉助成金
助成団体公益財団法人 みずほ福祉助成財団
申込締切日2019年7月5日(金) 当日消印有効
助成対象社会福祉法人、特定非営利活動法人等の非営利法人及び任意団体等又は研究グループ(5人以上で構成)とし、営利法人と個人は除きます。
対象事業障害児者に関する事業及び研究で、先駆的・開拓的な事業及び研究を優先します。
助成内容助成金総額 3,300万円
助成金額は事業(研究)総額の90%以内、且つ下記金額を限度とします。
事業助成・・・20万円以上100万円を限度
研究助成・・・100万円を限度
HPの有無
12
事業名2019年度 電動車椅子贈呈事業
助成団体公益財団法人 みずほ福祉助成財団
申込締切日2019年7月5日(金) 当日消印有効
対象先社会福祉法人が運営する障害児者支援施設
贈呈車種標準型並びに電動リクライニング型の電動車椅子
贈呈台数1施設につき1台
HPの有無
11
事業名子育てと仕事の両立支援に対する助成活動
助成団体一般社団法人 生命保険協会
募集期間2019年5月15日(水)~6月28日(金)<当日消印有効>
助成対象(1)休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり保育事業等に必要な施設の整備、備品の購入等に係る費用
(2)放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
応募資格(1)以下の①~③のすべての条件を満たす事業者
①社会福祉法人・株式会社・特定非営利活動法人等の法人格を有していること
②以下のいずれかの施設を運営していること
a. 認可保育所
b. 地域型保育事業の対象となっている小規模保育施設
c. 地域型保育事業の対象となっている事業所内保育施設
d. 地域型保育事業の対象となっている家庭的保育施設
e. 「認可外保育施設指導監督基準」に基づく保育施設
③休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり保育事業等を実施していること
※いずれかの事業実施で応募可。
※新たにいずれかの事業を実施する場合、2020年4月末までに実施すること。
(2)「放課後児童健全育成事業実施要綱」に基づき、市町村からの委託事業・補助事業・代行事業(指定管理者制度)等の事業形態をとっており、行政からの補助を得て、放課後児童クラブの運営を行っていること
助成金額(1)1施設当たり上限額35万円(助成金総額 最大700万円)
(2)1施設当たり上限額20万円(助成金総額 最大700万円)
HPの有無
10
事業名2019年度 社会福祉事業 自動車購入費助成
助成団体公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団
募集地域東日本地区(以下の都道府県)に所在する団体
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
山梨県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県・愛知県
岐阜県・静岡県・三重県
募集期間2019年6月3日(月)~7月12日(金) 17時まで
助成対象者特定非営利活動法人
助成対象事業主として障害者の福祉活動を行う団体
※ただし、加齢に伴う障害者(高齢者)の福祉活動団体は除きます。
助成金額自動車購入費 1件120万円まで (総額1,200万円)
HPの有無
9
事業名児童養護施設・里親家庭の高校生進学応援金
助成団体朝日新聞厚生文化事業団
申込締切日2019年8月7日(水) 必着
助成対象児童養護施設や里親家庭で生活し、2020年4月に大学、短期大学、専門学校への進学を希望している高校3年生(高卒認定合格見込み者を含む)。
年間60万円以上の返済不要の奨学金を他団体などから支給される人、また4月以外に入学する人は対象になりません。
助成内容

金額
入学金(実費)および学生応援金として年間60万円を支給。
1.入学金
入学金の払込期限に合わせて、入学金(実費)を支給。
・施設設備費・実習費などは含みません。
・入学金に相当する費用が自治体(東京都、福井県、川崎市、名古屋市など)や他の団体から支給される人は、学校の制度により入学金が免除される人は支給しません。入学金の支給は対象外です。
2.学生応援金
学費のなどの一部として卒業をするまで毎年、学費として年間60万円を支給(最大1人240万円。6年制の場合は360万円)
※返済は不要です。
※在学中、半年に1度、近況報告書と在学証明書の提出が必要です。
HPの有無
8
事業名2019年度 社会福祉助成金
助成団体一般財団法人 松翁会
申込締切日2019年7月31日(水) 必着
目的及び事業社会福祉に関する諸活動に対して援助を行い、もってわが国社会福祉の向上に寄与することを目的とし、社会福祉に関する事業に対して助成を行います。
助成内容本年度は年間総額700万円以内とし、1件当りの金額は、原則として60万円を限度とします。
(応募最低額10万円、万円単位)
助成対象社会福祉に関する民間の事業を対象とします。尚、助成申込案件は次の要件を具備するものであることを要します。
(1) 助成対象
 ①事業助成
 原則として法人・団体であること。法人格をもたないものであっても、特に助成することにより効果が期待できる場合は対象とします。但し、個人および営利法人等は対象外とします。
 ※反社会的勢力および反社会的勢力に関係すると認められる団体からの申請は受付致しません。
(2) 助成対象案件並びに選考基準
 ①障がい者の福祉向上案件、および難病案件、虐待防止案件を対象とする。
 ②明確な企画(目的、内容、資金使途等)に基づく事業で具体的な計画を持つこと。
 ③推進体制が確立しており、自己資金の調達の努力をしていること。
 ④先駆的、開拓的事業を優先する。
 ⑤助成対象にならないもの
 ・過去3年間に松翁会から助成を受けた法人・団体からの申
 ・研究助成
 ・法人・団体の管理運営維持に関する経費(日常業務にかかる人件費、家賃などの経常資金、定例化したセミナーなどの開催費用等)
HPの有無
7
事業名未来のつばさ プロジェクト支援事業
助成団体公益財団法人 楽天 未来のつばさ
申請期間前期 2019年4月1日(月) ~ 2019年5月31日(金) 必着
後期 2019年9月2日(月) ~ 2019年10月31日(木) 必着
助成対象児童養護関連プロジェクトで、そのテーマや内容が子どもの権利擁護、子どもの最善の利益に資するものであること
助成内容前期 30万円 6件 当年度実施プロジェクトに限る
後期 10万円 6件 当年度または来年度実施プロジェクト
HPの有無
6
事業名2019年特定活動助成
自然災害支援プログラム
こころのケアのための“傾聴ボランティア”を応援します。
助成団体公益財団法人 ユニベール財団
応募締切日2019年7月31日(水) 午後5時必着
助成対象① 被災地でこころのケアのための “傾聴ボランティア”として活動をしている団体
② 被災地から県外に避難を余儀なくされた方々を対象に、こころのケアのための“傾聴ボランティア”としての活動をしている団体
 ただし、次の二つの条件を満たす団体を対象とします。
 ⅰ) 応募に際して、地元社会福祉協議会の推薦を得ること。
 ⅱ) 団体として、既に一年以上の活動実績があること。
助成内容最長3年間。
原則として年50万円を上限としますが、助成額については活動内容および規模により査定をさせていただきます。 継続助成につきましては、経過報告を重視して決定いたします。
HPの有無
5
事業名2019年度 障害者支援団体への助成
団体名社会福祉法人 木下財団
応募期間2019年5月1日(水) ~ 2019年6月7日(金) 必着
概要障害者支援を行う規模の小さな団体やNPO法人等の非営利民間団体を対象とし、施設の増改築および補修、備品等の調達に必要な資金の一部を助成
助成内容(1)助成金額:総額800万円
(2)助成申込金額:1件あたり25万円を上限
(3)助成期間:単年度事業とする。
助成対象小規模作業所や授産施設、グループホーム、地域活動支援、自立生活支援、就労継続支援等
※ 加齢に伴う障害者(高齢者)を除く
HPの有無
4
事業名公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団 施設整備等助成事業
団体名一般財団法人 東京馬主協会
締め切り5月31日 (金)
(社会福祉協議会の推薦状が必要な場合は5月20日(月)までに申し出てください)
助成対象施設○ 社会福祉事業を行う、社会福祉法人及びNPO法人
○ NPO法人に関しては、主に障害者関係に従事している施設
○ 市区町村の社会福祉協議会自身に対しては、原則として助成対象としない。
助成内容① 車両の購入 ② 備品等の購入 ③ その他(修繕工事など)
○ 助成率は総事業費の75%以内を原則とする。
○ 助成金の上限額は、①車両については200万円 ②什器備品については150万円を原則とする。
なお、その他(修繕工事など)については内容を勘案して助成額を決めることとする。
HPの有無
3
事業名2019年度 第49回 「毎日社会福祉顕彰」
団体名公益財団法人 毎日新聞東京社会事業団
締め切り2019年5月31日(金) 必着
助成対象分野全国の社会福祉関係者及び団体の中からとくに優れた功績をあげ、 社会福祉の発展向上に貢献している個人あるいは団体3件を選び表彰
助成内容賞牌と賞金 賞金は総額300万円(ただし、1件について100万円)
助成対象者(1) 学術
社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者などの分野について優れた研究論文・資料を作成した個人または団体。
(2) 技術
社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者などの分野で、独創的な科学技術、プロセスを導入し、効果をあげた個人または団体。
(3) 創意
社会福祉施設の改善、整備、あるいは福祉活動についての指導、育成養護などの実務面において、独創的な発想、創意、工夫を取り入れ、業績をあげた個人または団体。
(4) 奉仕
長年にわたって国際福祉、地域福祉または福祉施設、団体、援護を要する個人などに対し、奉仕活動を続け、将来もこれを継続して行う強い意志を持つ個人または団体。
(5) 勤勉
社会福祉施設等に長年(30年以上)にわたって勤続し、その使命に献身、勉励し、顕著な成績をあげた個人。
(6) その他
新しい分野を開き、時代のニーズに応える福祉活動を行う個人または団体。その他、上記のどの項目にも該当しないが、社会福祉の分野で顕彰に値する功績をあげ、貢献をした個人または団体。
HPの有無
2
事業名2019年度ニッセイ財団 高齢社会助成公募のご案内
団体名公益財団法人 日本生命財団
締め切りⅠ 2019年5月31日(金) 消印有効
Ⅱ 2019年6月15日(土) 消印有効
助成対象分野「共に生きる地域コミュニティづくり」を基本テーマに、下記募集を行っています。
Ⅰ 「地域チャレンジ活動助成」
Ⅱ 「実践的研究助成」(「実践的課題研究助成」、「若手実践的課題研究助成」)
助成内容Ⅰ 最大400万(1年最大200万)
Ⅱ 実践的研究:最大400万(1年最大200万)
  若手実践的課題研究:総額500万(1件最大100万)
助成対象者Ⅰ 助成テーマにチャレンジする意欲があり、かつ他の団体等と協働しで活動していく団体。法人格の有無は問わない
Ⅱ 「実践的課題研究助成」研究者または実践家
 「若手実践的課題研究助成」実践的研究をしている45才未満の研究者または実践家
HPの有無
1
事業名平成31年度おもちゃセット助成事業
団体名一般社団法人 日本おもちゃ図書館財団
締め切り2019年5月25日(土) 必着
助成対象分野ボランティアが運営する全国の「おもちゃ図書館」や、老人福祉説・老人ホーム等に開設する「おもちゃ図書館」におもちゃ等の助成を行っている
助成内容対象となる施設へおもちゃを提供 (8万円相当)
助成対象者① 既設のおもちゃ図書館
② 新設のおもちゃ図書館
③ 老人福祉施設・老人ホーム
HPの有無