あいちゃんのイラスト
社会福祉法人 町田市社会福祉協議会
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

2021年度助成金情報

7件

7
事業「地域保健福祉研究助成」
「シニアボランティア活動助成」
「ビジネスパーソンボランティア活動助成」
助成団体公益財団法人 大同生命厚生事業団
5月25日 (火)(当日消印有効)
助成内容「地域保健福祉研究助成」
地域に密着した公衆衛生活動や福祉活動に従事している方々の、「地域における保健・医療・福祉に関する研究」に対して助成

「シニアボランティア活動助成」
「高齢者・障がい者の福祉やこどもの健全な心を育てる交流のボランティア活動」を行っている年齢満60歳以上の方々の活動に対して助成

「ビジネスパーソンボランティア活動助成」
日ごろは会社などに勤務しながら、休日などを利用して「高齢者・障がい者の福祉やこどもの健全な心を育てる交流のボランティア活動」を行っている方々の活動に対して助成
助成金額「地域保健福祉研究助成」原則1,200万円以内
「シニアボランティア活動助成」ならびに
「ビジネスパーソンボランティア活動助成」合わせて原則1,000万円以内
HPの有無公益財団法人 大同生命厚生事業団
6
事業公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団 施設整備等助成事業
助成団体一般社団法人 東京馬主協会
5月31日 (月)(社会福祉協議会の推薦状が必要な場合は5月20日(木)までに申し出てください)
助成対象施設○ 社会福祉事業を行う、社会福祉法人及びNPO法人(但し、当該施設の所在する地域の社会福祉協議会の推薦状を添付)
○ NPO法人に関しては、主に障害者関係に従事している施設
○ 市区町村の社会福祉協議会自身に対しては、原則として助成対象としない。
助成内容① 車両の購入 ② 備品等の購入 ③ その他(修繕工事など)
○ 助成率は総事業費の75%以内を原則とする。
○ 助成金の上限額は、① 車両については200万円 ② 什器備品については150万円を原則とする。 なお、その他(修繕工事など)については内容を勘案して助成額を決めることとする。
HPの有無
5
事業電動車椅子贈呈事業
助成団体公益財団法人みずほ福祉助成財団
対象社会福祉法人が運営する障がい者支援施設
申込締切2021年6月25日(金) (当日消印有効)
贈呈車種標準型並びに電動リクライニング型の電動車椅子
HPの有無
4
事業社会福祉助成金事業
助成団体公益財団法人みずほ福祉助成財団
対象社会福祉法人、特定非営利活動法人等の非営利法人及び任意団体等又は研究グループ(5人以上で構成)とし、営利法人と個人は除きます。
申込締切2021年6月25日(金) (当日消印有効)
助成金額助成金は事業(研究)総額の90%以内且つ以下の金額の範囲とします。
20万円以上100万円以内
HPの有無
3
事業“子ども食堂” 応援プロジェクト2021年度助成
団体公益財団法人 オリックス宮内財団
募集期間2021年4月1日(木)~2021年5月31日(月)
助成内容
助成金額
① 子ども食堂の運営に対する助成(上限30万円まで)
② 子ども食堂の開設・拡充に伴う設備助成(上限30万円まで)
対象団体子ども食堂を運営し、次に掲げる要件を満たす団体
(1)子ども食堂を特定の場所で月1回以上開催すること
(2)過去にオリックス宮内財団から助成金を2回以上受けていないこと
(3)子ども食堂の開催に際し、安全面や衛生面の配慮がされていること
(4)団体固有の口座を有していること
(5)主な活動先の社会福祉協議会等の推薦が得られること
助成対象期間2021年4月1日から2022年3月31日までの期間に要する費用。
但し、この期間中に子ども食堂を新設した場合は開設日から1年間。

(お問合せ)先
申請・申込みについて
審査及びその他詳細について

公益財団法人オリックス宮内財団 事務局
〒105-0023東京都港区芝浦1-1-1
電話:03-6891-7916
FAX:03-6891-7950

※ 審査に関する事項は、市・区社会福祉協議会等でお答えすることはできません。
2
事業第19回「配食用小型電気自動車寄贈事業」
団体みずほ教育福祉財団
締め切り2021年6月4日(金)(必着)
高齢者を対象とした福祉活動を支援するため、みずほフィナンシャルグループ役職員からの募金を主な原資として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間団体に対し、配食用小型電気自動車(愛称:みすほ号)の寄贈を行います。
寄贈内容① 助成内容:配食用小型電気自動車1台
② 事業規模:13台(13団体)(予定)
助成対象以下の3つの条件を満たす団体。なお、反社会的勢力、および反社会的勢力に関係すると認められる団体からの申請は受け付けられません。
① 高齢者を主な対象とし、原則として、1年以上継続して、週1回以上、調理・家庭への配食・友愛サービスを一貫して行っていること。
② 法人(非営利活動法人、社会福祉法人、出資持分のない医療法人、公益法人等)・任意団体を問わず、非営利の民間団体であること。ただし、実施している給配食サービスがすべて行政等からの受託である団体の場合は、当該部門の営業利益が黒字ではないこと。
③ 現在の活動を継続するにあたって、配食用の車両が不足しており、本寄贈によって運営の円滑化が見込まれること。

詳しくはHPをご参照ください。
HPの有無
1
事業第38回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業」
団体みずほ教育福祉財団
締め切り2021年5月21 日(金)(必着)
高齢者を主な対象として活動するボランティアグループ及び地域共生社会の実現につながる活動を行っている高齢者中心のボランティアグループに対し、活動において継続的に使用する用具・機器類の取得資金を助成します。
助成金額
および
グループ数
1グループにつき10万円を上限に、希望内容を踏まえ、選考委員会にて用具・ 機器の品目および助成金額を決定します。助成は、計110グループ程度を予定しています。
助成対象地域において、助成の趣旨に沿った活動を行っている、個人が任意で参加する比較的小規模なボランティアグループで、 次の要件を満たすもの。なお、反社会的勢力、および反社会的勢力に関係すると認められるグループからの申請は受け付けられません。
(1) 必要要件
① グループメンバー:10人~50人程度。
② グループ結成以来の活動実績:満2年以上(令和3年3月末時点)。
③ 本助成を過去3年以内(平成30年度以降)に受けていないこと。
④ グループの組織・運営に関する規約(会則)、年度毎の活動報告書類及び会計報告書類が整備され、規約(会則)に定めるグループ名義の金融機関口座を保有していること。
(2) 対象外となるグループ
① 法人格を有する団体(特定非営利活動法人など)及びその内部機関(支部など)。
② 老人クラブ及びその内部機関。
③ 自治会・町内会及びその内部機関。
④ 他の組織に所属する人(自治会長・民生委員など)を、本人の意思にかかわらず自動的にメンバーとする団体。

詳しくはHPをご参照ください。
HPの有無