あいちゃんのイラスト
社会福祉法人 町田市社会福祉協議会
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

第五次町田市地域福祉活動計画の策定に向けて検討しています

 町田市社会福祉協議会の基本理念である「誰もが安心してしあわせに暮らせるまちづくり」を実現するために、2022年度から2026年度の5年間の具体的な取り組みを示す「第五次町田市地域福祉活動計画」の策定を進めています。
 本計画では、市民、地域活動団体、事業者、町田市とともに、地域の福祉課題に取り組み、福祉のまちづくりをすすめます。


 パブリックコメント(募集期間2021年12月15日~12月28日)にご協力いただきありがとうございました。
 いただいたご意見については、概要を本ページに掲載予定です。ご意見に対する個別の回答は行いませんのでご了承ください。


【計画の位置づけ】

 本計画は、市民や地域団体等と連携して定める「活動・行動計画」であり、第四次町田市地域福祉活動計画(計画期間2017年度~2021年度)の後継計画です。 一方で、町田市が策定する「町田市地域ホッとプラン」は、社会福祉法第107条に基づく「市町村地域福祉計画」を包含する計画であり、本計画と同じく「地域福祉の推進」を目的としています。
 このことから、市民との協働による地域社会づくりにあたり、両計画が相互に連携・協働しながら地域福祉を推進します。

【計画期間】

 2022年度から2026年度までの5年間を計画期間とします。

【計画策定の体制】

 計画策定にあたっては、幅広く市民の意見やニーズを把握し、計画に反映するため、策定検討委員会での協議・検討、地区別住民懇談会、パブリックコメントの実施をとおして、様々な形で市民参画を図っています。


~現行の計画~

第四次町田市地域福祉活動計画


~過去の計画~

第三次町田市地域福祉活動計画