あいちゃんのイラスト
社会福祉法人 町田市社会福祉協議会
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

シンポジウム「ニッポンの身体拘束―それ、恣意的拘禁ではありませんか?」

どなたでもご参加いただけます(定員120名)
2019年6月4日(火)18時00分~20時30分
弁護士会館17階1701会議室
住所:千代田区霞が関1-1-3 地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出口直結
 私たちは普段何気なく生活していますが、その根底にあるのは、自由に活動できる人身の自由です。
 それが、ある日突然、強制的に病院に入院させられたり、家族と引き離されて収容されたら。犯罪を疑われただけで仕事を失ったり、罪を犯したとしても、更生に必要な縁まで断ち切られてしまったら。このような身体の拘束や処遇は、必要でしょうか。
 国連には、個人の通報を受け、恣意的な拘禁であるかどうかの審査を行う制度があり、日本国内の事案でも利用することができます。
 日本の拘禁の実態を知り、人身の自由について考えるシンポジウムを行います。
※事前申込み不要
お問合せ
(主催者)
主催:日本弁護士連合会
HP:https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2019/190604.html
電話:03-3580-9957  Fax:03-3580-2896