あいちゃんのイラスト
社会福祉法人 町田市社会福祉協議会
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

中核機関設立にむけた取り組みについて

 2016年5月に「成年後見制度利用の促進に関する法律」施行されました。そこでは、

 市町村は「成年後見制度利用促進基本計画(2017年3月24日閣議決定)」を勘案して、当該市町村の区域における成年後見制度の利用の促進に関する施策についての基本的な改革を定めるよう努めるとともに、成年後見等実施機関(中核機関)の設立等に係る支援その他必要な措置を講ずるよう努めるものとする。

(成年後見制度の利用の促進に関する法律 第14条)

と規定されており、福祉サポートまちだでは下記の取組を行っております。

2018年度 福祉サポートまちだ事業充実検討委員会を設置

 福祉サポートまちだは、「成年後見制度利用促進基本計画」が求めている①広報機能、②相談機能、③成年後見制度利用促進機能、④後見人支援機能、⑤不正防止効果について、成年後見制度推進機関として、今後どの様な取り組みを積極的に行っていく必要があるかを検討するため、「福祉サポートまちだ事業充実検討委員会」を設置しました。

2019年度 福祉サポートまちだ事業充実具体化委員会を設置

 2018年度の検討を受け、2019年度は「福祉サポートまちだ事業具体化検討委員会」を設置し、短期の取り組み事項について、議論を深め、具体的な仕組みにするため、整理が必要な項目を検討していきます。全4回の委員会で、仕組みを確立させ、2020年度からはその仕組みを基に運用していきたいと考えています。

2020年度 権利擁護支援検討委員会を設置

 2018年度、2019年度の検討を経て、2020年度から「権利擁護支援検討委員会」を新たに設置します。この委員会では、判断能力の低下により意思決定等の支援が必要な方を支える福祉関係機関などが、成年後見制度利用や適切な候補者について相談することができます。法律や福祉の専門的な視点を持った委員からの意見・助言により、適切な利用者支援に繋げていくことを目的としています。